Daily Improve

F1 | FormulaE | RedbullAirRace || モータースポーツを楽しむ個人的きろく

【結果メモ】レッドブルエアレース・第3戦千葉・2018

始まりましたレッドブルエアレース in 千葉!!

お天気にも恵まれ観戦日和ですね。今年は自宅観戦なので現地組のツイッターやインスタで楽しませてもらっています。土日ともに暑くなりそうなので、現地観戦の方は日差し対策やこまめな水分補給を欠かさずに。体調万全で楽しんでください!

 

 

第3戦千葉、スタートです!

 

ベタベタな(笑) Cool Japan!を満喫しているようでなにより。ピッコロはピート・マクラウドです。

 

5月26日(土)予選

予選は年間ランキングの下位から順にフライトします。一人2回アタックでタイムの順に決勝の対戦相手が決まります。速いタイムと遅いタイムの人が対決することになるので、タイムが速い人が有利になるルールです。

1. クリスチャン・ボルトン(#5)

1回目(0:57:463)

2回目(0:57.176)審議 → ノーペナルティ ※ひとまずのターゲットタイム

2. ニコラ・イワノフ(#27)

1回目(0:57.348)

2回目(0:57.648)

3. ペトル・コプシュタイン(#18)

1回目(0:56.980)※暫定トップ

2回目(0:57.197)

4. ピート・マクラウド(#84)

1回目(0:56.699)審議 → ノーペナルティ ※暫定トップ

2回目(1:00.106)インコレクトレベル2回、2秒 × 2回=4秒加算

5.フランソワ・ル・ボット(#12)

1回目(0:58.972)クライミングゲートペナルティを出し2秒加算

2回目(0:59.799)パイロンヒットで3秒加算

ル・ボットのチームメンバーが映し出される。3人中2人が坊主。顔は優しげなのですがちょっとこわいw

 

パイロンヒットのためコースメンテナンスに。 

現時点の順位:マクラウド、コプシュタイン、ボルトン、イワノフ、ル・ボット

ここで室屋のインタビューが入る。「あと30分後くらいには飛びますんで」と割とリラックスした表情でした。

あっという間にパイロンの修復完了。5分ほどでレース再開。

 

6. ホァン・ベラルデ(#26)

1回目(0:56.840)

2回目(0:58.576)ゲート11でクライミングゲートペナルティを出し2秒加算

7. ベン・マーフィー(#24)

1回目(0:59.594)ゲート11でクライミングゲートペナルティを出し2秒加算

2回目(0:59.716)ゲート6(?)でインコレクトレベルを出し2秒加算

8. ミカ・ブラジョー(#11)

1回目(0:59.768)ゲート6でインコレクトレベルを出し2秒加算

2回目(0:56.926)※暫定3位

9. カービィ・チャンブリス(#10)

1回目(0:58.502)ゲート7でインコレクトレベルを出し2秒加算

2回目(0:56.058)0.641秒削る。速い!これに勝つには55秒台か。

10. マルティン・ションカ(#8)

1回目(0:57.005)

2回目(0:57.218)スタートゲートの進入速度オーバーで1秒加算

11. マティアス・ドルダラー(#21)

1回目(0:56.425)

2回目 SCO(SAFETY CLIMB OUT)=飛行中止 ※自らの判断、または管制塔からの指示による飛行中止。再フライト不可

12.室屋義秀(#31)

1回目(0:56.403)※暫定2位

2回目(0:59.954)Too Low ペナルティで2秒加算

13. マット・ホール(#95)

1回目(0:57.459)

2回目(0:58.527)パイロンヒットで3秒加算

14.マイケル・グーリアン(#99)

1回目(0:58.807)インコレクトレベルを出し2秒加算

2回目(0:55.424)トップ奪取

 

グーリアンの最後のアタックは強烈でしたね。タイムを見て鳥肌たちました!0.634 秒も削るって…すごい。

コースの印象は、スタートゲートの侵入が速すぎるとゲート6、7あたりでインコレクトレベルが出やすくなるような気がします。去年もそうだったと思いますが、スタートゲートの進入をちょっと抑えるのがキモになりそうです。(でもこれが難しい)

あとはゲート11のクライミングゲートペナルティに注意ですね。

 

予選結果

 1位:マイケル・グーリアン(0:55.424)

 2位:カービー・チャンブリス(0:56.058)

 3位:室屋義秀(0:56.403)

 4位:マティアス・ドルダラー(0:56.425)

 5位:ピート・マクラウド(0:56.699)

 6位:ホアン・ベラルデ(0:56.840)

 7位:ミカ・ブラジョー(0:56.926)

 8位:ペトル・コプシュタイン(0:56.980)

 9位:マルティン・ションカ(0:57.005)

10位:クリスチャン・ボルトン(0:57.176)

11位:ニコラ・イワノフ(0:57.348)

12位:マット・ホール(0:57.459)

13位:フランソワ・ル・ボット(0:58.972(ペナルティ2秒))

14位:ベン・マーフィー(0:59.716(ペナルティ2秒))

 

予選のハイライトです。

 

5月27日(日)決勝

本日も良い天気!レッドブルを飲みながら自宅観戦です。パッケージはストリートファイターとコラボで波動拳配合。

ラウンドオブ14

ボルトン vs マクラウド
0:57.003   0:56.191
イワノフ vs ドルダラー
0:57.671   0:56.688
ションカ vs ベラルデ ※fastest looser
0:56.393   0.56.772
ホール vs 室屋
0:55.529   DNF
コプシュタイン vs ブラジョー
0:56.864   0:56.693
ル・ボット vs チャンブリス
0:56.703   0:58.567(+2秒)
マーフィ vs グーリアン
0:57.560   0:56.422

室屋はオーバーG で DNF でした。残念。

ラウンドオブ8は千葉戦で乗れているグーリアン、ホールのタイムに注目しつつ、マクラウドを応援することにします。マクラウドってピリッとした顔立ちなのに、フライトの時に口を開けていてかわいいですよね。前回マシントラブルで失格になったションカにも勝ち上がって欲しいところです。

 

ラウンドオブ8

ドルダラー vs グーリアン
0:59.845(+4秒)   0:57.515
ブラジョー vs ションカ
0:56.694   0:56.132
ル・ボット vs マクラウド
0:57.226   0.56.002
ベラルデ vs ホール
0:57.578   0:56.292

ドルダラーは TooHigh(ゲート4)とインコレクトレベル(ゲート6)で 計4秒加算ペナルティでした。勝ち上がったメンバは順当な感じですね。今後ブラジョーが成長し番狂わせ的に上がってくることを期待。ル・ボットも応援したいけれど機体性能的に厳しそう。ベラルデも悪くはないけれど、もう一歩突き抜けると面白くなりそうなんですよね。

 

ファイナル4

2  グーリアン 0:56.695
3  ションカ 0:58.443(+2秒)
4  マクラウド 0:58.639(+2秒)
1  ホール 0:56.376

 グーリアンはゴール後アンダーレビューの表示が出るもノーペナルティ。2人目のションカはゲート7でインコレクトレベルを出し2秒ペナルティ。次いで3人目のマクラウドもゲート7でインコレクトレベル。最後のホールは完璧なフライトで見事優勝!

ファイナル4、面白かったです!

 

最後インタビューに答えてくれた室屋。表情から悔しさが伝わってきて泣きそうになりました。しかし、マット・ホールのタイムを聞いて「攻める以外選択肢はなかった」と、その言葉に納得。マットのタイムを見た時、正直ファステストルーザー狙った方が良いのでは?と思いましたもん。でもそうしないのが室屋の魅力。また次戦頑張ってください!応援しています!!

 

関連記事

第3戦千葉のレース前のまとめ。

www.daily-improve.jp

今年は自宅観戦組です。テレビ・ネットで見る方法まとめ。 

www.daily-improve.jp

2015~2017年の観戦記です。 

www.daily-improve.jp