Daily Improve

F1 | FormulaE | RedbullAirRace || モータースポーツを楽しむ個人的きろく

【F1ラボ】第6戦モナコグランプリの振り返り・DAZN

 

というわけで、F1 ラボ・モナコグランプリのまとめメモです。

 

 

1. リカルド完全勝利

  • 全セッショントップタイム!
  • レッドブルはコーナリングマシン。後続をどんどん引き離す
  • ハミルトンのタイヤ交換がはやかったため、他の上位勢も早めにタイヤ交換をした(アンダーカットを警戒した)
  • 早めの交換はハイパーソフトがどのほど保つか不安だったのもある
  • リカルドのインタビュー(MGU-Kのトラブルについて)「パワーを失っていたので6速までしか使わなかった」「コーナーのペースは良かったのであまり心配していなかった」「パワーがない分トラクションは良かった」
  • 自身初のポールトゥウィン
  • ハミルトンのお酌でシューイ。さらにハミルトンはシューイの様子を小型カメラで撮影していた!

 

2. フェルスタッペンのクラッシュ

  • FP3 最後の最後でクラッシュ。予選前のタイミングは絶対やっちゃダメ
  • 2016年のクラッシュ映像と並べて紹介。全く一緒
  • 決勝は最後尾から9位まで追い上げ
  • ミラボー(!)やヌーベルシケインでオーバーテイク
  • ヌーベルシケインでサインツをオーバーテイクする場面、ペナルティでは?と思えたが特になかった → スチュワードはたくさんのモニターで見て検証している、問題ないという判断だったのだろう

 

3. ガスリーのタイヤマネジメント

  • 上位勢が早々に HS を交換したのに対して37周まで引っ張ったガスリー
  • タイヤ交換の少し前でもまだまだ行けそうなペースだった(スペース的に都合が良いタイミングでピットに入った感じ)
  • タイヤの使い方がとても上手かった
  • もし上位勢が2ストップだったら…すごい結果になっていたかも
  • ガスリーのインタビュー「fantastic race !」「タイヤの劣化が少なく最後までプッシュできた」

 

4.ルクレールとハートレーの接触

  • 72周、トンネル出口~ヌーベルシケインでルクレールとハートレーがクラッシュ
  • これにより VSC
  • ドライバー(ルクレール)のミスではなく、マシンのブレーキトラブルが原因
  • 左フロントから炎&煙があがる映像あり

 

5.ロズベルグ親子のデモラン

  • 親子2代でチャンピオンのケケ&ニコ
  • それぞれがチャンピオンを獲得したマシンでデモランを実施

 

F1ラボはドライバーインタビューを盛り込んでくれるところがいいですね。

次戦はカナダGP。過去の名シーンは 2001年のシューマッハ兄弟が 1-2だったレースをチョイス。

サーキットの特徴はストップ&ゴーでパワーが必要。空力的にはアゼルバイジャンと似ていて高速性能重視。路面のミューが低い。タイヤはモナコ同様、SS・US・HS。メルセデスと HS の相性は悪いがハミルトンが得意のコース。決勝は、6/11(月)3:05 開始「早起きしてご覧ください」とのこと。直前にFEの決勝もあるし、いつ寝るか迷うよ~。

 

モナコでは HS が保たないことを期待してハラハラドキドキしながら見ていましたが、結構保っちゃっいましたよね。カナダではどうなることやら。

 

関連記事

第6戦モナコGP結果のまとめ記事。

www.daily-improve.jp

 

 第5戦スペインGPの「F1ラボ」について。

www.daily-improve.jp