Daily Improve

F1 | FormulaE | RedbullAirRace || モータースポーツを楽しむ個人的きろく

【結果メモ】F1 第7戦カナダGP・2018

f:id:daily_improve:20180611184627p:plain

日本人にとっては時差が厳しい地球の裏側グランプリ。セーフティカーの出動率が高く波乱の多いレースと言われますが、ここ数年はあまり荒れてるイメージがありません。(超個人的イメージ)地元ストロールには活躍して欲しいですね。

波乱があるならライブでみたい、でも時間帯的には録画にしたい…悩ましいグランプリです。

 

  

気になるニュース

◆ パワーユニットの投入状況

メルセデス以外は色々とコンポーネントを投入しました。詳細は別記事を参照。

パワーユニットの投入状況|F1カナダGP・2018 - Daily Improve

 

◆ カナダと言えばいかだレース

 

これってメチャメチャ疲れそうなんですが。レースだけでも過酷なのに余興でこんなことするなんて体力半端ないですね。

 

優勝はウィリアムズでした、おめでとう!

 

◆ ジャックがカナダGP に華を添えました

ジャック・ビルヌーブ、カナダで勝利を飾った父親のマシンでドライバーズパレードを先導- F1速報公式サイト -

 

さぁ、レースの始まりです!

6/8 金曜日|FP1

実況は2度目の登場・山本アナ、解説は今宮さんと浜島さんです。ながらで見ていたので順位等は全然わからず。実況・解説陣のお話が中心です。

  • フェラーリのガレージにクビアト
  • コース上ほこりが凄い
  • ストロールは2017年、地元で初入賞だった
  • フォース・インディアはペレスに変わってラティフィが出走
  • ザウバーのフロントウィングにべったりとフロービズ(ウィングの半分が黄色い)つけすぎでしょw
  • ウェーレインも来ている
  • タイヤは現行の13インチから18インチホイールにするという話が出ている。これに対して浜島さん「13インチの方がサイドウォールの厚みがある、設計の幅がある、空気の量が多い」「18インチの方が重量が重くなる、幅・直径を同じとすると安全率が変わる(=安全性が保てない)」
  • 現時点でノーポイントなのはシロトキンとグロージャンのみ
  • ヒュルケンベルグがギアボックストラブルでストップ、VSC → 赤旗へ
  • 無線の声がみんなくぐもっていて聞きづらい
  • 残り30分、シロトキンが壁に接触で右リアをパンク
  • マクラーレンが好調
  • タイヤについて。モナコに続きカナダも HS・US・SS の3コンパウンド。なんでこの2つのサーキットで同じタイヤなの?の問いに対する回答「HS は公道用(=滑りやすい路面用)につくられたもの。グリップが低いので柔らかいタイヤでグリップさせたい」
  • 昔の車は自分でエンジンがかけられなかったけれども、現在は K を使うことでエンジンがかけられるようになった

FP1の結果

【タイム結果】F1第7戦カナダGP フリー走行1回目- F1速報公式サイト -

F1カナダGP FP1:トップはフェルスタッペン、トロロッソ・ホンダのガスリーは10番手発進- F1速報公式サイト -

 

6/8 金曜日|FP2

頑張って開始時間まで起きていたけれど、あまり意識はなく。当然メモもほとんどなし。

  • ウッドチャック登場
  • 25分過ぎた頃?セクター2でイエロー。サインツがリアを当ててスローダウン、なんとか自走してピットに戻る
  • ハースは今回新パーツを投入。その影響で新旧パーツの予備が少ないのでドライバー達は「壊すな」ときつく言われているそう
  • リカルド走れていない
  • ベッテルもいまいち不調?
  • バンドーンも右リアをパンクさせセクター2でイエロー

最後まで見ずに終わった FP2。レッドブル、というかフェルスタッペンが好調ですね。

そしてグロージャンに悲劇が起きたようで…R.I.P ウッドチャック。そしてさっそくパーツを壊しました。。。

FP2の結果

【タイム結果】F1第7戦カナダGP フリー走行2回目- F1速報公式サイト -

F1カナダGP FP2:好調フェルスタッペンが再びトップ、ハートレーは12番手に- F1速報公式サイト -

F1 Topic:ウッドチャックのたたり?不運の連続にグロージャンは「もう笑うしかない」- F1速報公式サイト -

 

6/9 土曜日|FP3

予選に備えて寝ていました。詳細はニュース記事をご覧あれ。

FP3の結果

 【タイム結果】F1カナダGP FP3/好調フェルスタッペンがトップ。ハートレーが12番手につける- F1速報公式サイト -

 

6/9 土曜日|予選

今回 T7 の先にDRS ゾーンが追加され、計3カ所のDRSゾーンが設けられました。2005年にはQ1落ちしたバリチェロが3位入賞するなど、抜けないコースではない、と川井ちゃんのお話。

ガスリーは FP3 の最後で PU に問題がでたそうで、予選は古い PU に戻すとのこと。予選には間に合ったようです。

Q1
  • 車に乗り込むリカルド。ヘイローの上に装飾がないので思いっきりヘイローに腕をかけていて乗りやすそう
  • グロージャンは派手に白煙をあげながらスタート。ピットレーンを走って終了。。。
  • フェルスタッペンのメカニック、エギゾーストをのぞき込んでいる。マシントラブル?→ 大丈夫だった
  • ハートレーがいいタイムで8位!対してガスリーは16位。これは 新旧 PU の差か?
  • ウィリアムズは2台ともノックアウト。ここは得意コースだったはずなのに良いとこなしに…

 

Q2
  • トップ3強は US アタックでしょう、と川井ちゃん
  • ライコネンが US でアタック開始。
  • ハミルトンはセクター1・2 と全体ベストで来ていたのに最後でミス、フラットスポット作成。どうにもノレていない
  • フェラーリとメルセデスの4人は US アタック
  • フェルスタッペンとリカルドは HS で登場!
  • P6 ハミルトンから P13 ルクレールまで1秒以内
  • ルクレールは4戦連続 Q2 進出。すごい…
  • マクラーレンはP14、15に沈む。2人のタイム差が 0.009秒。川)マクラーレンのマシンの限界なんだろう
  • リカルドが 2017 のポールタイムを上回ってトップに!

 

Q3
  • ボッタス1分10秒台に突入。続くベッテルも10秒台でタイム更新
  • レッドブルはセクター3 でタイムを失っている
  • ライコネン、ミスった…
  • ベッテルが更にタイムを更新しポールポジション!

 

予選ダイジェストです。

 

予選の結果

【順位結果】F1第7戦カナダGP予選- F1速報公式サイト -

F1カナダGP予選:ベッテルがコースレコードを更新しポール獲得、ハートレーは12番手と健闘- F1速報公式サイト -

 

ホンダの PU 交換に関する、気になる記事。

F1 Topic:トロロッソ・ホンダのパワーユニット交換作業が早くなった理由- F1速報公式サイト -

 

6/10 日曜日|決勝

週末の3日間を通して快晴!観戦にはもってこいですね。CS の放送は現地スケジュール変更の影響で10分早まりました。この日はフォーミュラE の決勝を0:30~2:30 まで見て、続けて F1 の視聴スタートとなりました。

 

アロンソファンが 300戦目を祝っています。

 

みんなもお祝い。サインツのポジションは揺るぎないな。

 

レース前、残りタイヤセット数です。

f:id:daily_improve:20180616123034j:plain

 

昨日のトラブルで旧PUに戻したガスリーは、各所に直談判をして新PUのスペアを載せたとのこと。これにより PUコンポーネントが規定数を超え、ペナルティとなりました。しかし、次がガスリーの地元フランス、その次がレッドブルの地元オーストリアなのでここでペナルティを受けた方が良いという判断です。レッドブルとしては来年のPU決定のためにデータ取りも重要ということですね。

 

 

レーススタート

  • レッドシグナルが★マーク!
  • PP ベッテルはきれいにスタート。ボッタスも攻めるフェルスタッペンをしっかりおさえて2位を死守
  •  T5 でストロールとハートレーがクラッシュ。 あぁ、最悪。これにより SC
  • バンドーン、エリクソンがピットイン
  • 4周目、セーフティカーが抜けてレース再開
  • 直後にサインツとペレスが接触。ペレスがコースを飛び出し、制御が効かないままコース上に…マグヌッセンをはじめ後続はよくかわした

 ペレスのオンボード映像、恐ろしい。

  • その後10周目を過ぎた辺りから中堅どころは続々とタイヤ交換開始
  • ヒュルケンベルグのピット作業にミスあり、タイムロス
  • 上位陣は17周過ぎハミルトン、フェルスタッペンがタイヤ交換、続いてリカルドも
  • 30周目、タイヤ未交換のベッテルがファステスト
  • ベッテル、ボッタス、ライコネンは30周を超えてからそれぞれタイヤ交換

前回のモナコを踏まえて1ストップは確実だろうと判断し、全車がタイヤ交換を終えた時点で寝ることにしました。睡眠大事。その後は大きな波乱もなかったようです。

 

アロンソ、節目のレースはターボのトラブルでリタイア。残念な結果に。

 

チェッカー担当はモデルのウィニー・ハーロウ。まさかの1周早く振ってしまい68周でレース終了。

 

というわけで、ベッテルの勝利でした。

 

結果

 【順位結果】F1第7戦カナダGP決勝- F1速報公式サイト -

F1カナダGP決勝:ベッテル完勝でランキング首位に。ハートレーは1周目でリタイア- F1速報公式サイト -

 

ベッテル、おめでとう!

 

 ドライバーオブザディもベッテルが獲得!

  

ピットストップ最速はザウバー!初めてでしょうか?チームが全体が上向いていることがこういうところからも感じられます。

 

1ストップは想定内でしたが、エリクソンが1周目で交換しそのまま走りきったのにはガックリ。

 

Alle Pit Stops vom #canadagp , #f1

Formel 1 Fan Seiteさん(@formel1_fan_seite)がシェアした投稿 -

 

第7戦カナダグランプリ終了時点の年間ランキング。

 

最後はカナダ名物でシメ!

 

次戦は10年ぶりに復活のフランスグランプリ。グロージャン、オコン、ガスリー、そしてルノーの地元ですね。これは盛り上がるでしょ!

 

おまけ:次こそは…結果を残して…

 

関連記事 

◆ カナダGP、レース前の情報です。

www.daily-improve.jp

◆ 前戦モナコGPの結果です。

www.daily-improve.jp